ChatGPTによって、検索依存やWebマーケ、SNS依存サイトはどう変わったか様々なサイトのアクセス解析を公開

2023年3月2日

文字からイラスト。文字から音声。文字から・・・とAI関連の『話題』は毎日出てきてキャッチアップするのに精一杯なのが普通ですが、一部では仕事が奪われる。といった声も、イノベーションを起こすであろう技術が出るたびに出てきますが、今回は1月から2月にかけて様々な業種のアクセス解析と合わせご紹介。

リビジョン株式会社の記事で、少し人気の『失敗事例』と合わせ、お楽しみください。

失敗事例その後、大幅ダウン

弊社で運営する一部Webメディアですが、SNS(特にTwitter)にやや依存しているサイトが80%以上もアクセス数ダウン。AI関連全く関係ありませんが、ある特定のWebメディアは今まで無難な進め方をしててもキープできていたものが更に厳しくなってきています。

分散型SNSと呼ばれる新しいSNSも日々出てきている事もあり、このスコアになると一般的企業が運営するオウンドメディアやWebメディアであればクローズするレベル。大復活を遂げるためにAI系に特化したメディアに変更してしまえば、それなりのスコアに伸びる可能性はあるが、弊社の場合は大切な失敗事例として継続維持。


成功事例その後、順調に成長

成功事例のケースはBingというブラウザ自体まだ知らなかったユーザー層が潜在顧客だった事もあり、順調に成長。

上記はBtoB、広告費0、SNS利用なしの企業パターン。

弊社が運営サポートを行い、定番戦略を徹底して行なって頂いているため、今後も減少する見込みはなく、話題性であるAIをどう紐づけるかによって更なる飛躍が見込める状態。

特にFAQ、全文検索などはAI関連サービスとても優れているので、企業は早めの導入をお勧めします。

逆に今まで、あまり役に立っていなかったチャットサポートは見切りをつける判断材料にも。


飲食店(大都市圏外)のケース

飲食系、弊社では今のところまったくAIでの流入には影響がでないと思っています。
AIよりも『値上がり』の影響がやや強く、Instagramの単体アクセスは多いが、来客数が増えないといったネット完結に。

この場合、悪循環になる可能性とSNSへの時間配分・コストによってはSNSをクローズし、チラシ広告や検索広告にシフトするととても効果的です。


小規模アパレル

弊社では飲食同様、AI関連で流入の影響がでないと思っているアパレル企業サイト
ECサイトは別ドメインのため、オフィシャルサイトに月に4度ほど更新およびコレクションをアップしているサイト。

AIでモデル(ファッションモデル)を生成できるサービスもあるので、もしそれらのサービスが浸透した時には、生成系AIモデルとリアル素材感をどこまで消費者が受け入れてくれるか。という別部分での興味が発生し、クライアントにはネガティブな部分が全くなし。


イノベーター理論のようになるか

従来の新しいサービス(SNSや商品)はアーリーアダプターからアーリーマジョリティまで認知・定着すると一般化。という流れでしたが、今回はリリースされるAI各種サービスの速度が速すぎるため、来月お知らせができそうであれば続編。という形でご紹介させて頂きます。


Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
臨時休業のご案内(2月26日〜27日)
様々な理由でサーバーの引っ越しをしなければなくなった時のおすすめWordPress移行プラグイン
利用していたWordPressプラグインが開発提供終了してしまった場合の代替プラグインの選び方
【解決策】2024年2月よりGmailガイドラインが変更!1日5000件以上の配信は対応必須!
口コミ対応も含め、予約やチャットが使えるGoogleビジネスプロフィール 企業・飲食・美容・医療は必ずご活用を


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから