WordPressで予約システムを設置できるプラグイン

2022年10月16日

多種多様な予約システムがインターネット上で無料・有料とありますが、構成の統一やCV把握など事業上、WordPressで予約システムを作らなければならないケースに活用できるプラグインをご紹介。
アップデートが止まっている、公式で配布されていないプラグインやアップデート不明なプラグインはPHPバージョンエラーが出るケースが多いので、WordPress公式サイトを必ずご確認ください。

WordPressで予約システムは簡単に設置できますが、プラグインのカスタマイズや機能については制限があるものもあります。
導入の際は制作パートナーがいない場合ご注意ください。

Booking Package – 予約システム

Booking Package – 予約システム
https://ja.wordpress.org/plugins/booking-package/
WordPressであらゆる種類のオンライン予約を可能にする機能豊富な予約プラグイン
日本語対応。無料版もありますが、有料バージョンではStripeによるオンラインクレジットカード決済以外にApple PayとGoogle Payなどにも対応。
マッサージ店予約、イベント予約、セミナー予約、施設予約、スタジオ予約、病院予約、歯科予約などに利用されています。


バージョン:1.5.61
最終更新日:6日前(2022年10月16日時点)
有効インストール数:10,000+
WordPress バージョン:3.5またはそれ以降
検証済み最新バージョン:6.0.2
PHP バージョン:5.4またはそれ以降


Online Booking & Scheduling Calendar for WordPress

Online Booking & Scheduling Calendar for WordPress
https://ja.wordpress.org/plugins/meeting-scheduler-by-vcita/
日本語未対応。
時間単位の指定や料金のメニュー、カラーを選択可能。
業種ごとのショーケースも用意されているため、それに合わせて使う事も可能です。

スタッフ管理機能。
予約数に上限が100件までのためご注意を。

カスタマイズ性に富んだWordPress予約プラグイン。


バージョン:4.2.10
最終更新日:4か月前(2022年10月16日時点)
有効インストール数:4,000+
WordPress バージョン:4.6またはそれ以降
検証済み最新バージョン:6.0.2


Events Manager

Events Manager
https://ja.wordpress.org/plugins/events-manager/
日本語対応。
名前のままイベントへの予約申請や予約状況の確認にも使うことができるWordPress予約プラグイン

基本的な機能は無料だが、オンライン決済や予約フォームのカスタム、個別のサポートが必要な場合は有料アドオンの購入が必要。


バージョン:6.1.3
最終更新日:19時間前(2022年10月16日時点)
有効インストール数:100,000+
WordPress バージョン:5.2またはそれ以降
検証済み最新バージョン:6.0.2
PHP バージョン:5.3またはそれ以降


WordPressプラグインの魅力は一度導入してしまえばランニングコストがかからない点。
ただし、WordPressのバージョンやPHPのバージョンで利用ができなくなるケースもありますので、保守・アップデートを行なっていないサイト、プラグインはご注意ください。


Recent Entries

WordPress改修事例。大量のプラグインはリスクの元
ホームページの運用、費用に欠かせない作業や、外部運用依頼するための大切なリスト
公益財団法人東京しごと財団、令和6年度テレワーク促進助成金の募集を開始。
2024年6月から。強制停止された Google 広告アカウントの機能に関する更新
makeshopフリープラン・ビジネスプランの提供が終了されます。


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから