PHPバージョン7.4のセキュリティサポートは2022年11月28日まで。PHP8系で動かなくなるWordPressプラグインなど確認を

2022年10月18日

PHPバージョン7.4のセキュリティサポートは2022年11月28日までとなっております。

すでに公式サポートを終了しているPHPのバージョンは7.3以下から5系まで全てとなっておりますので、サイトでPHPを利用している
WordPressで構築しているサイトのバージョンが7系の場合はPHPのバージョンアップ対応を行なってください。

詳細 PHP: Supported Versions(英文)

https://www.php.net/supported-versions.php


PHPの仕様および各バージョンにおける仕様差分の詳細

PHP: PHP 7.4.x から PHP 8.0.x への移行 – Manual

PHP: PHP 8.0.x から PHP 8.1.x への移行 – Manual

既に8系は多くのサイトで運営されていますが、サポート終了切れバージョンのWebサイトも散見されます。
弊社のように、WordPressのプラグインアップデートからPHP、MySQLのアップデート保守を依頼していないサイトはサイト制作を行った企業様にご確認ください。

PHP8以降、使えなくなるWordPressプラグイン

WP Social Bookmarking Light

記事内にソーシャルリンクを表示するプラグイン


My Link Order

リンクの並び順を変えられるプラグイン


Similar Posts

関連記事を表示するプラグイン


公式サイトで数年アップデートされていない、公式サイトに配布されていないプラグイン

前者の場合は、8系に合わせアップデートする可能性は少しありますが、後者の公式サイトで配布されていないプラグインがアップデートされる可能性は低いため、買い切り購入してしまったプラグインなどをサイトにインストールしている場合は開発元に連絡を取り、確認ください。

他にも多くのプラグインが更新されていない事も想定されますので、自社のWebサイト状況は定期的に確認できる体制をこの機会に整えておく事を推奨致します。


WordPressを使っていないサイトでもEC-CUBEやOpenPNE、pukiwiki「Symfony」やPHPフレームワーク「Laravel」を利用して構築しているサイトも必ずバージョン確認ください。バージョンによって対応していないものはアップデートしてください。

リビジョン株式会社ではWordPressの保守・有償サポート、プラグインのスポット改修も提供しておりますので、お気軽にお問合せください。


Recent Entries

2024年 夏季休業のお知らせ
口コミ対応も含め、Googleビジネスプロフィール 特に飲食・美容・医療は積極的なご活用を
ホームページの運用、費用に欠かせない作業や、外部運用依頼するための大切なリスト
ECサイトで売上が上がった?下がった?ハコだけでは売上はあがりません。ECサイト売上が伸び続ける事例、全く伸びない事例を紹介
【よくあるご質問】担当者が辞めてしまったのでスポットでのホームページやECサイト改修依頼は可能ですか?


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから