アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン

2023年1月24日

アクセシビリティやユーザビリティが再度、Webサイトに求められてきています。
数年前は文字のサイズを変更するのに大中小というボタンがありましたね。今でも自治体などはアクセシビリティの観点からも残されているサイトが多くあり、今後も非常に参考になるサイト群ではないでしょうか。

音声読み上げは使い方によって、Webサイトにアクセシビリティ以外の恩恵をもたらします。

例えば、全文日本語以外で書く必要がない部分のみ音声読み上げにする。
例えば、何かしらの作業をしながら音声読み上げで情報を得る。

例えば、隠しメッセージのように仕掛けをつくって楽しませる。
など

ユーザーによって様々なメリットを提供できる音声読み上げは、海外のニュースサイトなども『ながら聴き』として導入されています。

Chromeなど既存ブラウザにも音声読み上げアドオンは多数ありますので、Webコンテンツとして、一部提供したいという場合にご活用ください。

それでは本題へ。

ResponsiveVoice Text To Speech

かなりおすすめのプラグインでしたが、今はWordPress公式では配布されていません。XSSの脆弱性もあり、APIなどでの利用は可能になっています。

ResponsiveVoice Text To Speechスクリーンショット

https://responsivevoice.org/

上記にアクセスし、言語選択の上、適当な文章を書いてplayを押すと読み上げてくれます。

フリープランからあり、日本語も対応なので是非試してみてください。

イントネーションはご愛嬌、とても面白く勉強にもなります。


Amazon Polly

https://aws.amazon.com/jp/polly/
こちらもWordPress公式配布はなくなってしまいましたが、現在も提供されている素晴らしいサービスです。

Amazon Polly は深層学習技術を使用し、人間の声のような音声を合成します。
そのため、記事を音声に変換することができます。
幅広い言語に対応したリアルな音声を多数搭載しており、Amazon Pollyを使用して音声起動型アプリケーションを構築することができます。


Say It!

https://ja.wordpress.org/plugins/say-it/
1年以上更新されていない&最新3回のメジャーリリースに対してテストされていないプラグインなので、現在非推奨

Version: 4.0.1
Last updated:
1 year ago (2023年1月24日現在)
Active installations: 300+
WordPress Version: 5.0.0 or higher
Tested up to: 5.8.6 PHP Version: 7.4.0 or higher


現在、AI関連が活況なため、AI音声+AIアバター合成も非常にさまざまなサービスは出てきていますが、用途にあわせサイトに必要な場合のみご活用ください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから