WordPress(ワードプレス)で作られたサイトを丸ごと移転できるプラグイン「Duplicator(1.2.40以前)」に脆弱性

2018年9月17日

WordPress(ワードプレス)では頻繁にプラグインの脆弱性がアナウンスされていますが、かならずアップデートしてください。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Duplicator」の1.2.40以前のバージョンで脆弱性が見つかり修正版がリリースされています。

古いバージョンの「Duplicator」を使用されている場合は、第三者によってサイトを改ざんされる可能性がございます。早急に、以下のご対応をお願いいたします。

【Duplicatorプラグイン 脆弱性対応方法】

■プラグインのアップデート
WordPressの管理ページ(ダッシュボード)のプラグインの項目で最新バージョンへアップデートを。

■インストーラーの削除
1.2.40以前のバージョンの「Duplicator」で複製したサイトで以下のファイルがサーバーに残っているか確認の上、あれば削除。

・installer.php
・installer-backup.php

※プラグインを最新版へアップデートしても、該当ファイルがあると脆弱性が残ったままの状態となります。

【Duplicatorプラグイン 脆弱性の影響】

第三者に悪意のあるコードを実行される恐れがあります。

脆弱性によるサイトの改ざんを防ぐため、CMSツールやプラグインをご利用の際は常に最新のバージョンをご利用ください。


Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
臨時休業のご案内(2月26日〜27日)
様々な理由でサーバーの引っ越しをしなければなくなった時のおすすめWordPress移行プラグイン
利用していたWordPressプラグインが開発提供終了してしまった場合の代替プラグインの選び方
【解決策】2024年2月よりGmailガイドラインが変更!1日5000件以上の配信は対応必須!
口コミ対応も含め、予約やチャットが使えるGoogleビジネスプロフィール 企業・飲食・美容・医療は必ずご活用を


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから