WordPress画像スライダープラグインはこれ一択。レスポンシブ対応『Smart Slider 3』(2022年)

2022年8月3日

WordPressではなくともメインビジュアルの要素は悩みどころ。
最近では全画面動画やモーションを多用するWebサイトが増えていますが、伝える製品・メッセージが1つだけのWebサイトであればそれは最適かもしれません。

ただ、複数の製品やサービスを扱っている企業サイトの場合、ファーストビューで見てもらいたい製品はできるだけ多くの製品をどうにかして並べたいという要望が多いのも実情です。
本来メインビジュアルは製品が変わる都度、変更も早く出来て検証も可能なものがWebサイトの目的を達成する可能性が高い事に変わりありません。

そこでスライダー系を使う場合、slickやSwiperといったフレームワークを学習し、実装。が一般的ですが、そこまで時間がない場合にインストールし、すぐ実装可能な『Smart Slider 3』がおすすめです。

Smart Slider 3 公式サイト

https://smartslider3.com/
https://ja.wordpress.org/plugins/smart-slider-3/

Smart Slider 3の特徴

・クラシックエディタ、ブロックエディタにも対応
・ショートコード利用可能
・PCとスマホ時で高さ変更可能
・レイヤーを重ねて自由にレイアウト可能

12種類の豊富なスライダーデモ
このプラグインはフリーでも12種類の豊富なスライダーが用意されています。

有料版ではさらに便利な機能が揃っており、メインビジュアルの画像スライダーに悩んだ場合は、導入・学習コストも非常に低いこのプラグインが一番です。


最終更新日:2か月前(2022年8月3日現在)
有効インストール数:900,000+
WordPress バージョン:4.9またはそれ以降
検証済み最新バージョン:6.0.1
PHP バージョン:7.0またはそれ以降

レーティングもほぼ星5つと評価も人気も高いプラグイン。

開発はNextend社で、WordPressのみならずJoomlaでもこのプラグインは活用できます。


リビジョン株式会社ではWordPressを使用したプラグイン改修、運用・保守含む、WordPressに関わる全ての業務に対応しております。ご相談はお気軽にフォームよりご連絡ください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから