Contact Form 7のスパムメール対策、WordPressのデフォルト機能を活用してIPや特定メール、営業メールを避ける方法

2022年12月22日

すばらしいプラグインContact Form 7については以前も複数記事でご紹介しておりますので、そちらも合わせてご確認ください。

WordPressプラグインContact Form 7のスパムメール対策
『Contact Form 7 add confirm』が利用できない場合におすすめの代替プラグイン『Confirm Plus Contact Form 7』

弊社のように、プル型マーケティングがほぼ主であり、プッシュ型マーケティングはリスティング広告しか行っていない企業や、スパムリストを保有しているが使い方が今までわからなかった。といった場合に活用ください。

どのような小さな企業、サイトでも毎日のように届く営業電話ならぬ『営業メール』。
依頼であれば確実にお返事をするのが当然ですが、毎日同じテンプレートを送ってくるスパムBotも数多く存在します。

残念ながらフォームへの営業メールがものすごく低価格というのも影響しています。

そのようなしつこい企業をブロックするには

・IPアドレスでブロック
・ドメインでブロック
・社名でブロック

のパターンと『WordPressプラグインContact Form 7のスパムメール対策』で、ほぼ100%営業メールスパムはストップできます。

今の時代、営業電話と営業メールは本当に不要なもので、確認時間の浪費に。できるだけ適切な処理を設定してください。

スパムメール防止:WordPressのデフォルト機能を活用してIPや特定メール、営業メールを避ける方法

スパムメール防止:WordPressのデフォルト機能を活用してIPや特定メール、営業メールを避ける方法


❶サイドメニューにある設定→ディスカッションを選択
❷コメント内で許可されないキーワード内にNGとしたいIPアドレスやコピぺセールストーク、フリーメールアドレスなどを各行に入力

全てが終われば保存を押すだけ。

フリーメールアドレスはCtoCの場合、実際問合せしているユーザーが多いので、この辺りはサイト内容によって調整してください。

大量営業スパムを送り続ける企業は、大量に電話をかける営業と同じで迷惑でしかありません。
快適な業務を遂行するため、少しの事ですが対応していない場合は是非、追加してみてください。

リビジョン株式会社ではWordPressを使用したホームページ制作含む、WordPressに関わる全ての業務に精通しております。ご相談はお気軽にフォームよりご連絡ください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから