TikTokショップが米国で先行正式にスタート。それに伴い、WooCommerceやShopify各種、ECも注目

2023年9月14日

以前も少しだけ事前情報としてご紹介していたTikTokの直接販売ですが、正式に各プラットフォームとの統合がスタートしてきています。

Shopify、WooCommerce、BigCommerce、その他の主要なeコマース・プラットフォームとの統合により、TikTok Shopはソーシャルコマースどのような購買戦略を今後持つべきか、一つのチャネルとして、ECサイト運営者はとても重要になりそうな情報です。


今回の記事の要約

TikTokショップが米国で先行正式にスタート。それに伴い、WooCommerceやShopify各種、ECも注目
https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-shop画像

https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-shop
https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-shop画像

ソーシャルメディア大手のTikTokは、米国でTikTok Shopを本格展開。

TikTokMadeMeBuyItのような刺激的なハッシュタグで、同社は現在、オンラインショッピング文化に革命を起こすことを目指しているとの事。

TikTok Shopは、1億5,000万人の米国ユーザーの「For You」フィードに、ショッピング可能な動画とライブストリームを直接追加。

この新しいeコマース機能は4月に公開され、ブランドがTikTokのエコシステム内で直接商品を販売できるようにするための様々なツールを提供しています。

必ず確認しておきたい企業向けTikTokショップ機能

TikTok Shopは、インフィード動画やLIVEストリームの枠を超えています。
ユーザーはTikTokアプリ内の検索バーから新商品を発見し、結果をShopに絞り込むことができます。

企業やブランドは、製品やプロモーションを表示する専用の「ショップタブ」を利用できる形に。

このタブには、ユーザーがレビューを読んだり、ブランドのプロフィールから直接購入できる製品ショーケースが組み込まれています。

さらに、出品者は「Fulfilled by TikTok」を利用することができるようです。
「Fulfilled by TikTok」とは、TikTokが保管、ピッキング、梱包、発送を管理する新しい物流ソリューションといわれており、TikTokひとつあれば一網打尽出来てしまう状況になると解釈しても間違いないかもしれませ。

衝撃的すぎますね!これらはどこかのECやプラットフォームを蹴落として。ではなく、共存共栄を望んでいる姿勢も散見されます。

またもともとTikTokにあったアフィリエイトプログラムもこちらにあり、人気のインフルエンサーやクリエイターがTikTok Shopの商品を宣伝することでコミッションを得ることができる。とまさに今時代のEC、小売の一連の流れがあの小さなスマホ一つで全世界で展開できる可能性が出てきました。


TikTokショップの登録方法は?

かなり気になっているかと思いますが、TikTokショップの登録方法もご紹介いたします。

①TikTokアプリでプロフィールにアクセスし、メニューからクリエイターツールに移動します。
TikTokショップにセラーまたはクリエイターとして登録し、ブランドコミッションを得るためのオプションが表示されます。

尚、TikTokショップアフィリエイトプログラムに参加するには、クリエイターのフォロワー数が5,000人以上で、18歳である必要がありますのでご注意ください。

TikTokショップがShopify、WooCommerceと統合についての最新版

TikTok Shopは、Shopify、WooCommerce、BigCommerce、Magento、Salesforce Commerce CloudなどのECサイト制作に携わる企業であればしらないものはないコマース・プラットフォームと統合されています。これは、取り扱う商材にもよりますが、既存のeコマース販売者は、ゼロから新しいストアを作成することなく、TikTokで販売を開始することがかなり容易になりますね。

TikTokはChannel AdvisorやFeedonomicsのような複数のマルチチャネルプラットフォームと提携し、オムニチャネルビジネスをサポートしている。

販売者はZendesk、Printful、Yotpo、EasyShipなどのアプリを利用し、TikTokショップにさらなる機能や特徴を追加することができてしまうと至れりつくせり状態です。

ある種、この情報は日本のEC業界さらに伸ばす材料の一つになる可能性がありますので、できるだけ制作会社との共同サポート運営関係者は注視が必要です。

英文ですが、かなりの速度で定期的に情報がアップされておりますので、先を見越して展開、これから展開したい。というような小売り店の方々は是非確認をおすめします。
https://newsroom.tiktok.com/en-us/introducing-tiktok-shop (全文英語)


Recent Entries

2024年 夏季休業のお知らせ
口コミ対応も含め、Googleビジネスプロフィール 特に飲食・美容・医療は積極的なご活用を
ホームページの運用、費用に欠かせない作業や、外部運用依頼するための大切なリスト
ECサイトで売上が上がった?下がった?ハコだけでは売上はあがりません。ECサイト売上が伸び続ける事例、全く伸びない事例を紹介
【よくあるご質問】担当者が辞めてしまったのでスポットでのホームページやECサイト改修依頼は可能ですか?


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから