ヒートマップでユーザーがどのように行動したか確認したい場合に最適なWordPressプラグイン『Aurora Heatmap』

2022年8月20日

ヒートマップはサイトに訪問したページ内をどこまで見ているか。
ページ内のどこに視線がいっているか行動を確認するために用いられています。
データの代表的な内容は、アテンションヒートマップ、スクロールヒートマップ、クリックヒートマップの3種類。
※このプラグインはWordPressのみ利用可能なため、WordPressで構築されていないサイトは他ヒートマップをお調べください。

『Aurora Heatmap』の特徴

『Aurora Heatmap』は有料機能を使わなければ無料のプラグインとなっており、インストールして有効化するだけの簡単なプラグイン。

インストール有効化した後、以下のように表示されます。
Aurora Heatmap

ヒートマップの設定はサイト毎に適切なものをご指定ください。
Aurora Heatmap
無料版でもWordPressのダッシュボードからPCとスマホどちらも確認可能。

『Aurora Heatmap』はプライバシーにも配慮されており、以下情報を取得しません。
・ユーザーの追跡
・外部サーバーへの記録データ送信
・クッキーの利用
・IPアドレスを含む個人を特定できるデータの記録

尚、キャッシュ系とは干渉してしまうケースがありますが、以下プラグインは併用可能。
・WP Rocket
・W3 Total Cache
・WP Super Cache


ヒートマップだけで分析するのではなく、アクセス解析と合わせて分析するとサイト内の改善方法が見つかります。
特にLPのようなページは意味があるのか?どの要素が一番ユーザーを惹きつけているか?といった分析や、とても長い文章を書いてリリースが遅れてしまっているページは意味があったのか?など運営上の課題・問題点も方法によっては分析可能です。

Aurora Heatmap


https://ja.wordpress.org/plugins/aurora-heatmap/


現在、WordPressの分析や改善に少し自信がない。といった場合や、パートナーとして併走してほしい。という場合はお気軽にフォームよりご相談ください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから