ECサイトは特に気を付けたい『ページがありません』404ページの作成。せっかくアクセスしたユーザーを逃さない対応を

2022年8月24日

404ページとは

リンク切れやユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に、表示されるエラーページの事。
各クラウド・レンタルサーバーでもデフォルトで用意されている404ページはリテラシーのないユーザーがアクセスした場合、『改ざんされてる?』『サイトなくなった?』と思う確率が高く、離脱します。

最悪離脱を防ぐ方法として、404のページを少しでもカスタマイズしましょう。

WordPressの場合は簡単、404.phpを作り、404.phpファイル内にメッセージとサイト内検索、オススメアイテムでも並べ、離脱ではなく望ましき方法やサポート対応できる状態に作ってください。
404ページ作りとページリダイレクトは簡単ですが、404ページリダイレクトをトップに誘導したいケースは『.htaccess』などでリダイレクト設定を行ってください。

ECサイトの場合、季節ごとに商品を入れ替えなければならないので、必然的に404のページが出てくる事になります。
リダイレクトさせても古い季節のIDになってしまうので、ECの運営次第でどちらを選択するかは協議が必要になりますね。

頻繁な404は検索上もあまり望ましくない&ECサイトのサイト設計事態が検索向けではないオープンソースやレンタルタイプありなので、ECは必然的に検索に弱くなってきます。

それらを改善する方法ももちろんありますが、現在運営しているECサイトや、Webサイトで404ががある場合は、適切な処理とGoogleへの通知を行いましょう。


リビジョン株式会社では、ECサイトの状況把握・改善などECサイトの運営・改善も非常に得意としておりますので、お悩みの場合はお気軽にフォームよりお問合せください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから