ローカルSEOは大切だが、重複コンテンツが許容されるのはどの程度か?Googleが解説

2024年6月23日

ローカルSEOは大切だが、重複コンテンツが許容されるのはどのような程度か?Googleが解説

ローカルSEO懸念事項

企業が多様な地域市場に対応するにつれ、ローカライズされたウェブサイト間での重複コンテンツの扱いは、SEOの専門家やデジタルマーケティング担当者にとって懸念事項に。

Search Relationsチームのメンバーであるジョン・ミューラーは、Googleが毎月開催しているSEOオフィスアワーの最新回で、この問題を明らかにした。

Googleはローカライズされたウェブサイトの重複コンテンツにペナルティを与えるのか?


Googleジョン・ミラーの回答

「答えはノー。ローカライズされたコンテンツは重複コンテンツとはみなされません」

とはいいつつも、ここ最近国によって様々な規約が異なってきている事は運営サイト、サポートサイド含め不安な部分かと。

ローカルSEOにおいて重複コンテンツが許容される範囲内

Googleは歴史的に、過剰な重複をランキング操作の試みと見なしてきたため、重複コンテンツはとうぜんながら懸念事項の一つであるのはかわらない。

ミュラーの回答は、複数の地域で事業を展開する企業は、翻訳や文化的なカスタマイズを通じてコンテンツを特定の地域に適合させなければならないことを認めている。

弊社でも日本のローカライズは反応が人口比率でもイマイチであるが、シンガポールは数値だけ見ると50倍などもあったりします。

ローカライズされた重複コンテンツは、グローバルなオーディエンスにカスタマイズされた体験を提供するという目的を果たすため、許容されると考えられているので、NGラインとOKラインの判断は、ポリシーを守りつつ、グレーな手法などは一切使わず、王道が間違いない事は昔からかわらないという形になりますね。


ローカルSEOについて重複コンテンツが許容される例

やや矛盾点もありますが、ここだけを読む限りは別の方法で運営した方がいいのでは?とおわかりになられる方もいれば、意味がわからない。というケースもあるので、ガイドライン含め、今まで通りで特段大きな変化はないと認識してもいいかと思います。


ローカルSEOにおいて重複コンテンツが許容されない場合

ガイドラインとしては、無差別に場所を越えてコンテンツを複製することを一律に認めているわけではない事は最重要。重複コンテンツは特定のページでは容認できない。

ローカルSEOにおいて重複コンテンツが許容されない例

サービスエリアのページ

地域固有のページには、自社のサービスやソリューションが、その特定の地域の顧客のニーズにどのように応えているかについて、独自の説明を含める必要が当然ながらあります。ここでの重複コンテンツは、相反するシグナルを送る可能性あり。

都市鉄道、ライフラインのランディングページ

新しい都市や都市圏での知名度を狙う場合は、地元のランドマーク、周辺の郊外、顧客の声など、地域に根ざした詳細を盛り込んだ新鮮なコンテンツを作成しなければならない。

記事/ブログ

ターゲットとする都市のトレンドトピックやリアルタイムのイベントに合わせた、超ローカルでタイムリーなコンテンツを作成する機会を活用する事。リスト、ビデオ、インフォグラフィックなどのフォーマットが望ましいとされています。つまり今まで通りより、よりプラスアルファを求めているとなってしまいますね。


この一連のミューラー氏の発言は、ローカライズされたバージョンを維持するウェブサイトにとって、潜在的なペナルティに対する懸念を軽減するものとして重要であると伝えられているので、闇雲に意味のないコンテンツは完全にインターネットから消え去る可能性も考えられますが、突然変化が起こった場合は、ほぼペナルティとなるわけなので、継続する場合はペナルティ範囲か見直して運営する事を推奨いたします。

その他、気になる場合は英語ですが、オフィシャルサイトに他重要な項目もかなりの頻度でアップされておりますので、ご確認ください。

https://developers.google.com/search/help/office-hours/2024/june


リビジョン株式会社では、Webサイトの成長を得意としておりますので、ご不明な点等ありましたらお気軽にご相談ください。

※注意:SEO関連は営業電話など行う事はありませんので、営業電話がかかってくる場合は情報を知らない。と判断してもいいかと思います。


Recent Entries

2024年 夏季休業のお知らせ
口コミ対応も含め、Googleビジネスプロフィール 特に飲食・美容・医療は積極的なご活用を
ホームページの運用、費用に欠かせない作業や、外部運用依頼するための大切なリスト
ECサイトで売上が上がった?下がった?ハコだけでは売上はあがりません。ECサイト売上が伸び続ける事例、全く伸びない事例を紹介
【よくあるご質問】担当者が辞めてしまったのでスポットでのホームページやECサイト改修依頼は可能ですか?


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから