2023年1月CMSシェアランキング。WordPressは増加、Shopifyは減少。

2023年1月22日

2023年1月のCMSシェアランキングがW3Techsからアナウンスされています。
以前もご紹介しましたが、ShopifyをCMSという括りでこのランキングに入れられると、少し疑問符がつきますが、まずはCMSランキング

2023年CMSシェアランキング

各種シェアランキング指標はAlexa TOPがなくなったので、BuiltWith Trends、W3Techs、Zion Market Research、Facts and Factors、Statisticaなど

https://w3techs.com/technologies/history_overview/content_management/all

引用:W3Tches

Eコマースにカテゴライズして見てみると、まだ WordPressのプラグイン、WooCommerceが強いですね

今年でWordPress20周年、記念サイトも公開されていますが、やはり圧倒的シェアです。

シェアを知る事で何か意味はあるの?

シェアを知る事で、自社でCMSを使ってホームページやECサイトを作る選定材料になります。
シェアが高い=たくさんの人、企業がノウハウを持っていて、困った時にセカンドオピニオンも探しやすい。

※Shopifyはプランによって企業知見が大幅に異なるので注意

この数値は基本的にトラフィックの多い上位サイトを選定するため、安定したサービスである。という別の見方もできるかと思います。

コンテンツマネジメントシステム(CMS)市場価値

・2018年の世界のCMS市場規模は、約359億300万ドルへ
・2021年には、世界のCMS市場規模は約175億ドルへ
CMS分野は、2028年までに255億ドルに達すると予測されています。

現在、全ウェブサイトの58%がCMSを使用しており、CMSが10億ドル規模の産業であり、その成長が減速する気配がないとは言われていますが、それを人工知能と機械学習がどのように入ってくるか。というのが既に注目されています。

2024年以降のCMS予測

専門家は、人工知能と機械学習がCMS分野の大きなトレンドになると予測しています。
特に、コンテンツ管理システムにおける画像認識、音声認識と転写、自然言語理解、自然言語処理の需要が高まると見ています。
また、パーソナライズ技術(顧客の属性・行動データなど)もCMSユーザーにとって必須の機能になると予測されています。

人工知能と機械学習は、あらゆる作業をより簡単・確実、より効率的にすることが期待されています。

コンテンツ管理システムの世界も全く例外ではなく、これらのプラットフォームが今後どのように技術を活用していくのか、興味深いところです。

尚、すでにWordPressには画像のみですがAI生成機能プラグインがリリースされていますので、お試ししてみては如何でしょうか。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから