戦略的CTAを実装。ランディングページやセミナー、コスメECにも最適なWordPressプラグイン『WordPress CTA』

2022年7月15日

先日ご紹介した『WordPressでプッシュ通知が実装できるおすすめプラグイン』と合わせて利用するとユーザーがよりよい行動をとってくれる可能性もあります。

CTAとはCall To Action(コール トゥ アクション)の略「行動喚起」としてWebサイト上で資料請求やアカウント開設、メルマガ登録などがあるサイトには必須項目の一つです。

一番CTAプラグインでインストールが多かった『WordPress Calls to Action — WordPress Plugins』は提供が終了。
同じように簡単にインストール・設定ができる『WordPress CTA』をご紹介。

WordPress CTA – WordPress Call To Action, Sticky CTA, Floating Buttons, Floating Tab Plugin

https://ja.wordpress.org/plugins/easy-sticky-sidebar/
有料PROモードも提供されていますが、無料範囲でもSticky CTA、Floating Buttons、Tab CTAの3つのテンプレートが使えます。
CTAボタンの位置自由に変更可能。日本語未対応

【2022年現在】
WordPress対応バージョン3.9以上、PHP5.3以上のサイトで動作確認済み

実装したCTAをそのまま放置ではなく、成果を出すためには以下ポイントが重要となります。

いつでも押してもらえる場所、見た目にする

CTAボタンは一般的に、スクロールダウンするとページの下部(フッターの上)に設置されていることが多いです。
ページの下部に1つ設置しただけでは足りないLPページのような縦長サイトの場合は、ページを読んでいる途中でユーザーが行動を起こす気になる事も想定し、各要素の区切りが終わる頃にもCTAが出現するのがベストです。
LPのように縦に長いページでは途中途中にいくつかのCTAを設置してください。

A/Bテストを行う

CTAは設置して終わりではなく、簡単かつ継続的に改善していける要素の一つです。
文言や配色の違いでも、大きくコンバージョンに影響してくることもあります。

そこで一般的な運営としての代表格、A/Bテストを行いましょう。
同じ内容のCTA要素を2種類用意して、任意の割合で出し分け、最適なデザインを選んでいきます。

ただ、以下のようにCTAだか何だユーザーにとってわけのわからなくなる場所、表示量はNGです。
戦略的CTAを実装。CTAのNG画面

リビジョン株式会社ではWordPressを使用したプラグイン含むLP制作、CTA改善、プッシュ通知実装などWordPressに関わる全ての業務に精通しております。ご相談はお気軽にフォームよりご連絡ください。


SHARE

Recent Entries

年末年始休業期間のお知らせ
ページ遷移なし。フォームに条件分岐をつけたい時に便利なプラグイン『Conditional Fields for Contact Form 7』
アクセシビリティにも。おすすめ音声読み上げ埋め込み式プラグイン
飲食店ホームページにおすすめ。店舗ごとに管理権限をもたせ、記事を更新する方法
EC-CUBE(3系、4系)ルミーズ決済プラグインアップデート
htaccessでwwwあり、なしリダイレクト統一方法。httpからhttpsへのリダイレクト方法


CONTACT

Webサイトリニューアルから新規ホームページ制作・運営・保守まで、目的達成を実現いたします。
各種Webサイト・ECサイト制作、広告代行に関するご相談、ご質問などお気軽にお問合せ下さい。

Tel : 03-5324-2318 / Email : info@reinc.jp

各種お問合せはこちらから